トップ > 任意整理 > 相談前にやっておくこと

相談前にやっておくこと

任意整理についての相談を行う前に、

どんなものを準備しておけばよいでしょうか。

 

まず弁護士や司法書士に相談する時は、

自分の借金や経済状況についての正確な情報を用意しておきましょう。

準備をしておくことで、相談はずいぶんスムーズに進みます。

もちろん正規の書類を準備するのがベストですが、

もしも保管していなかったり見つからなかったりする場合には、

覚書でもいいので、できれば紙に書き出しておくようにすることです。

後のトラブルを防ぐためにも、こうした情報は

包み隠さずすべて伝えることが大切です。

不利な情報かもしれないと思っても、きちんと伝えるようにしましょう。

 

次に任意整理を行う借金について、

どこからどれだけ借り入れているのかは当然必要な情報です。

どこからどれだけ借りているのか、借り入れた日や返済終了予定日、

月々の返済額、金利などがわかるような借用証書や

それに準ずる書類があれば用意しておきます。

借り換えがある場合には、それについての書類も用意しましょう。

書類がなければ、メモ書きでもよいので、

できるだけ正確に紙に書き出しておきます。

いくら借金が残っているのか正確な金額がわからない場合には、

借入先に問い合わせることで簡単に教えてもらえます。

ローン会社のカードなどがあれば、一緒に揃えておきます。

 

そして自分の住所・氏名・電話番号などの基本属性や

家族構成などの情報も相談の際には必要になります。

経済状況に関する資料として、給与明細や家計簿など、

毎月の収入と支出がいくらあるのかは重要な資料です。

任意整理を行う際には毎月返済可能な金額を算出して、

確実に返済できるプランを債権者に提示する必要があるためです。

 

その他、現在所有する財産も一覧にしておく必要があります。

家や車、預金や保険など、何がいくらあるのか一覧にしておく必要があります。

ローンが残っている場合には、その証書や返済状況などの資料も用意しましょう。

 

以上の書類などをきちんと揃えることで、

スムーズに相談が進み、迅速に任意整理を進める事ができるのです。

任意整理

前の記事 | 

関連記事
関連リンク
過払請求についての情報をわかりやすくまとめたサイトがあります。過払い金返金の請求方法やあつかってくれる法律事務所、無料相談にのってくれる司法書士などの紹介も。
過払請求@着手金不要の無料相談をどうぞ。 過払い金とは、そもそも「払い過ぎた返済金」のことです。過去に武富士やアコムなどの消費者金融からお金を借りた事のある方ならば、きわめて高い確率で「払い過ぎ」の可能性があります。
カテゴリー
関連商品

更新履歴
相談前にやっておくこと
2011年2月11日
何年かけて返済していくのか
2011年2月11日
弁護士と司法書士の違い
2011年2月11日
弁護士や司法書士の報酬
2011年2月11日
取り立てはどうなるのか
2011年2月11日
専門家への相談
2011年2月11日
任意整理による借金減額
2011年2月10日
任意整理のデメリット
2011年2月10日
任意整理は弁護士に
2011年2月10日
任意整理とは
2011年2月 8日
任意整理の知恵へようこそ!
2011年2月 3日