トップ > 弁護士・司法書士 > 弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い

一般的には弁護士は調停・訴訟等の代理人、

司法書士はその法律に係る文書の作成や

登記の代行をするのが仕事と言われますが、

司法書士の中でも簡易裁判所の訴訟代理等関係業務を行うのに

必要な能力を有するという法務大臣の認定を受けた司法書士は

「簡裁訴訟代理等関係業務認定司法書士」と言われ、

裁判所法に定められている140万円を超えない金額の民事紛争の相談、

仲裁をする裁判以外の和解について代理することが認められています。

 

任意整理の場合は、裁判所以外の民事紛争の和解の代理となりますので

請求金額(減額したい金額)が140万円未満であれば

上記認定を受けた司法書士に代理人をお願いすることもできます。

それ以上の金額を請求したい場合、

あるいは民事再生手続きや破産手続きという

別の債務整理方法も含めて代理人をお願いしたい場合は

弁護士に依頼する必要が生じるのです。

弁護士・司法書士

前の記事 | 次の記事

関連記事
関連リンク
過払請求についての情報をわかりやすくまとめたサイトがあります。過払い金返金の請求方法やあつかってくれる法律事務所、無料相談にのってくれる司法書士などの紹介も。
過払請求@着手金不要の無料相談をどうぞ。 過払い金とは、そもそも「払い過ぎた返済金」のことです。過去に武富士やアコムなどの消費者金融からお金を借りた事のある方ならば、きわめて高い確率で「払い過ぎ」の可能性があります。
カテゴリー
関連商品

更新履歴
相談前にやっておくこと
2011年2月11日
何年かけて返済していくのか
2011年2月11日
弁護士と司法書士の違い
2011年2月11日
弁護士や司法書士の報酬
2011年2月11日
取り立てはどうなるのか
2011年2月11日
専門家への相談
2011年2月11日
任意整理による借金減額
2011年2月10日
任意整理のデメリット
2011年2月10日
任意整理は弁護士に
2011年2月10日
任意整理とは
2011年2月 8日
任意整理の知恵へようこそ!
2011年2月 3日