トップ > 任意整理 > 任意整理による借金減額

任意整理による借金減額

任意整理で借金が減額されるというのは何故か。

これは、「利息制限法」と「出資法」との関係によるものです。

 

利息制限法では金利の上限が15~20%です。

その上限を超えた金利を定めても、

超えた部分は法律上無効となるとされています。

 

一方、改正貸金業法が完全施行される以前の出資法では、

刑事罰の対象となる金利の上限が定められています。

出資法は上限金利が29.2%とされており、

29.2%を超えた金利を設定している場合には、

「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金

またはこれを併科する」という刑事罰が科せられていました。

 

つまり、利息制限法の上限金利を超えて設定しても、

出資法の上限金利を超えなければ

刑事罰は科せられなかったということになります。

このように、利息制限法と出資法の上限金利の間の金利は、

民法上は無効にもかかわらず刑事罰は科せられない

「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

 

任意整理では、取引開始時にさかのぼって

利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算し、

返済し過ぎていた金利分を元本に充当させ、

法律上返済しなければならない「本当の借金の額」を明らかにします。

原則としてこの引き直し計算後の

元本のみを分割返済していくことになります。

そのため、任意整理をすると、これまで返済し過ぎていた

「グレーゾーン金利」に相当する金額が減額されることになるのです。

 

また、これまで返済してきた「グレーゾーン金利」に相当する金額を

借金の元本に充当すると、

すでに元本を超えて返済している場合があります。

この返済し過ぎたお金のことを「過払い金」といいます。

 「過払い金」が発生している場合には、

貸金業者に過払い金の返還請求ができるのです。

任意整理

前の記事 | 次の記事

関連記事
関連リンク
過払請求についての情報をわかりやすくまとめたサイトがあります。過払い金返金の請求方法やあつかってくれる法律事務所、無料相談にのってくれる司法書士などの紹介も。
過払請求@着手金不要の無料相談をどうぞ。 過払い金とは、そもそも「払い過ぎた返済金」のことです。過去に武富士やアコムなどの消費者金融からお金を借りた事のある方ならば、きわめて高い確率で「払い過ぎ」の可能性があります。
カテゴリー
関連商品

更新履歴
相談前にやっておくこと
2011年2月11日
何年かけて返済していくのか
2011年2月11日
弁護士と司法書士の違い
2011年2月11日
弁護士や司法書士の報酬
2011年2月11日
取り立てはどうなるのか
2011年2月11日
専門家への相談
2011年2月11日
任意整理による借金減額
2011年2月10日
任意整理のデメリット
2011年2月10日
任意整理は弁護士に
2011年2月10日
任意整理とは
2011年2月 8日
任意整理の知恵へようこそ!
2011年2月 3日