トップ > デメリット > 任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

任意整理は、借金の全額または一部の免除を受ける

自己破産や民事再生とは違い、

基本的に借金の元本全額を支払う手続であるため、

これらの手続に比べ返済額が多くなることが一般的です。

但し、任意整理でも引き直し計算や金利等のカットにより

返済額が減額されるのは変わりません。

 

また、任意整理をすると信用情報機関に任意整理をした事実が

登録されてしまいますので、5~7年間程度は新たに借金をすること、

また、クレジットカードやローンを利用することが制限されてしまいます。

デメリット

前の記事 | 次の記事

関連記事
関連リンク
過払請求についての情報をわかりやすくまとめたサイトがあります。過払い金返金の請求方法やあつかってくれる法律事務所、無料相談にのってくれる司法書士などの紹介も。
過払請求@着手金不要の無料相談をどうぞ。 過払い金とは、そもそも「払い過ぎた返済金」のことです。過去に武富士やアコムなどの消費者金融からお金を借りた事のある方ならば、きわめて高い確率で「払い過ぎ」の可能性があります。
カテゴリー
関連商品

更新履歴
相談前にやっておくこと
2011年2月11日
何年かけて返済していくのか
2011年2月11日
弁護士と司法書士の違い
2011年2月11日
弁護士や司法書士の報酬
2011年2月11日
取り立てはどうなるのか
2011年2月11日
専門家への相談
2011年2月11日
任意整理による借金減額
2011年2月10日
任意整理のデメリット
2011年2月10日
任意整理は弁護士に
2011年2月10日
任意整理とは
2011年2月 8日
任意整理の知恵へようこそ!
2011年2月 3日